バイクで車に追突した場合の過失や保証

Q、バイクに乗っていて追突事故を起こしてしまった場合の過失はどうなるのでしょうか?

僕は小さい頃から将来バイクに乗るのが夢だったので、これから先、免許を取得しようと思っています。
車の免許よりも先にバイクの免許を取ろうと考えているのですが、実際に路上で走るようになってから交通事故を起こしてしまったときのことを考えると、いろいろな心配があります。
バイクに乗っていて自動車に追突事故を起こしてしまった場合には、その際の過失や保証問題についてどうなるのでしょうか?
車の場合には、追突してしまった側が加害者となり、全面的な保証をしなければならないことは知っていますが、バイクの場合でも同様に追突したら、僕自身が全ての保証をしなければならないのでしょうか?

バイクに乗っていて事故が起きると車のドライバーさんよりも僕の怪我のほうが大きくなると思うのですが、そういった部分は考慮されないのでしょうか?
免許を取ったら安全運転を心がけるつもりですが、やはりこのような事故についてもしっかり自分で知識を持たなければならないと思っていますので詳しいことが知りたいです。

A、追突の場合には追突した側が100%悪くなります。

車でもバイクでも同じですが、追突事故の場合には、追突した側が100%悪くなり、過失は10対0になります。
確かにバイクで追突事故などを起こしてしまうとバイクのドライバーさんは車体から体が離れて道路に投げ出されてしまうようなことがあるのでその分、怪我も大きくなってしまいます。
しかし交通事故の過失というのは怪我の状態によって判断されるものではなく、交通事故が起きた時のそれぞれのドライバーの運転状況によって判断されるものですから、追突の場合にはバイクでも100%悪くなることを知りましょう。

もちろん保証問題についても100%先方には保証しなければなりませんので、加害者としての責任を全うしなければなりません。
ただしこれはあくまでも、真後ろからの追突事故ですから直線道路を走っていて突然左から車が飛び出してきて左折をし、その車にぶつかってしまったなどの場合には必ずしも追突したバイクが100%悪いということにはならず、突然飛び出してきた車にも多少なりとも過失があると判断されます。

上記した通り、バイクでの事故というのはその分怪我がひどくなってしまいますから、入院が必要になったりするケースもありますが、このような場合には入院期間中でも意識があれば、双方での過失を決めるための事情聴取などが行われることもあります。
万が一に備えて任意保険に加入しておくことはもちろんですが、真後ろからの追突事故ではないにもかかわらず、バイク側の過失が大きくなってしまうようであれば、弁護士さんを通して過失問題について十分な話し合いを持ちましょう。
自分の中ではしっかりと道交法を守っていながらでも事故が起きてしまった場合に、バイクはどうしてもスピード違反などを出していたと思われがちですので、こういった部分で正しい主張をすることが大切になります。

警察も多少なり面倒がりバイクのドライバーの言っていることは話半分にしか聞いてくれないことがあるので、納得できない時には必ず弁護士を間に入れるべきです。
ただし100%バイクが悪い状態で追突事故を起こしてしまった時には自分の怪我がどのような状況であっても必ず被害者の方に対しての責任を全うしなければなりませんから、こうした部分は常に意識しながら走行する必要があります。
スピードが出るからといってスピードを出した運転を楽しんだりすることは避けましょう。

公開日: